FC2ブログ

2021-09

これはひどい、ゴム絶縁コード

昨日は朝から結構な雨だった、今月は比較的仕事に余裕があるので1日休養にしました・・
ところが8時半ころ受託先から電話で 「長く使わなかった機械を引っ張り出して来て使おうと壁のコンセントに繋いだらパチッと音がして動きません」とのこと
機械屋さんに診てもらってくださいと言うのは禁句です、速攻で娘の旦那さんと出かけました



ありゃ~、いったいつ頃の機械?
2021.09.09-2
相当(40年以上前)古いらしい、分電盤のCKS(汗)のヒューズも飛んでました・・・・



ゴム絶縁コード・・・だめだこりや、とりあえずプラグを取りに行き応急修理しました
2021.09.09-3
コードも速やかに変えたいですが、とりあえず露出していた箇所は切断して新品のプラグに替えました

私はボランティアですが、娘の旦那さんには工賃を頂けることになりました(まだ収入が極小なので)有りがたいです




これは欲しいな

月次点検にお邪魔して見ました
受託先への開閉器のある電柱に変圧器が乗っていますが・・・



よく見ると碍子にカバーが
2021.09.09-1
これを装備すれば鳥獣接触やフラッシオーバーに強くなりそうですね

中電専用なのかな~
材料屋ささんに聞いてみなくては


キュービクルと施設内を繋ぐ配管

配管の隙間を塞ぐために、コーキング剤を沢山買ってきました



月次点検車に10個ほど積み込みました
2021.09.08-5
でもほとんどの施設は対策済みでした、でも時々ぬかりが有ります(汗)



昨年譲って頂いた施設ですが、8月から11月までだけ電力会社と需給契約して受電するので、つい迂闊でした
2021.09.08-7
これは直径20センチほどもあるので、コーキングもうまくできそうに有りません
8月から11月までなので、蛇の嫌いなにおいのする薬剤を毎年2回入れてみようということになりました

配管の反対側でも臭いは判って入ってこないと思いますが・・・・・




変圧器の寸法と他の要因が重なって

先日の落雷によるフラッシオーバー現象ですが



31年前に発生した変圧器
2021.09.07-4



先週発生した変圧器
2021.09.06-91

共に碍子と変圧器の蓋の間の隔離が少ないのが一番の原因ですが・・・
31年前は、碍子の上に米の糠(籾の表皮を粉砕したもの)が5mmほど積もっていたらしい



今回は、5月に年次点検して綺麗に清掃したのですが・・・・
2021.09.08-1
その後から周囲で鉄板を研磨する作業が発生したようでした(それ以前はその作業は無かった)
碍子に積もっているのは、研磨剤と鉄粉でしょう
月次点検では観察不可能な場所(入れない位置)だったので、うかつでした
電気室だけフロアが違って安全なので、一部がフエンスの金網だけだったのが原因でしょう
早々、フェンスを板で塞ぐ依頼をしなくては・・
なお、もう1か所の施設は米の糠が毎年少し積もるだけなので年次点検で清掃しているので大丈夫です(以前は全然清掃してなかったらしい)

根本的な解決策は変圧器の入れ替えですが、電線接続部を絶縁カバーで覆えば大丈夫?




某M社の変圧器は・・

本日の月次点検にお邪魔したのは、受託する以前(以前の管理者のもとで)変圧器の碍子と蓋の間でフラッシオーバーした痕跡のある施設です



某M社の変圧器です
2021.09.07-1
(写真は年次点検時に撮影しました)


1990年の記録に強烈な落雷時に放電したとありました
2021.09.07-2
碍子の表面は大丈夫と思われ、私が管理始めた1999年以降も使用しています



この変圧器を横から見ると、碍子と蓋の間がとても接近しています
2021.09.07-4
この型式の変圧器はそろそろ更新をお願いしたほうが良さそうです、

先週の土曜日の変圧器事故も同じメーカー同じ容量でした・・・・・・・

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.