FC2ブログ

2019-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

4日間でのエピソードその2

私の管理している病院は、メインの非常用発電機の、バックアップ発電機が常時設置されて、そのまたバックアップの為にも対策がされています。(某原子力発電所の非常用発電機が1台だけだったと聞いた時は信じられませんでしたね)

メインの高圧発電機を停止させる年次点検時や、今回のようなメイン発電機のオーバーホール時には、2段階のバックアップがあって、最後の手段の発電機は生命維持用機器にマニュアルでつなぎかえをするのです。


こんな感じです(実は今回初めて現地確認しました)
2月21日の業務-4
ブレーカーの配線を外して、左の配線(発電機から)をつないでから発電機を起動します。
真空や圧縮空気を作るのですが、レシーバータンクが有るので、20分程度停止しても問題ありません。

でも気になる事があります、落ち着いて作業すれば良いのですが、万一の時にパニックになってブレーカー入れたままつなぎこんだら大変です、年次点検中だったら高圧回路が充電される恐れがあります(幸い一度もつなぎ変えたことが無い)、危険な目に会うのは私たちです。


次回の年次点検までに、この部品を使用して改造することにしました。
双投開閉器
材料費は2000円程度ですから、月次点検にお邪魔した時自分で改造するつもりです(安全が第一)。


さて明日は我々の社団法人中部電気管理技術者協会主催の電気技術研修会が名古屋であります、今回も準会員の息子が情報収集の為同行です(保安教育資料に良いらしい)。
朝が早いのでそろそろ寝ます


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohono1200.blog38.fc2.com/tb.php/703-e2120a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.