fc2ブログ

2021-10

変圧器排油管の調査

月次点検で安全に配慮して調査しています
本日は雨でしたが、屋内電気室を2軒点検しました



最初は2015年製造の単相300kVA(ケースアースは反対側で接続されてます)
2021.06.04-2
バルブも付いていますので、ホースニップルが有ればOKです、口径は1/2です



同じ電気室の同じメーカーの2020年製単相300kVAは
2021.06.04-1
口径は刻印にある通り3/8です・・・
ホースニップル買っておかなくては、バルブは一目で開閉状態が判って有りがたい



2軒目は同じく屋内電気室、メーカー違いの2006年製造の単相300kVAですが、底面から廃油しますので理想的です
2021.06.04-3
ただしバルブが無いので排油トレーを置いてバルブ付きのホースニップルを繋ぐ必要があります
手が油だらけになってしまいます・・・・・
それと、接続部が変圧器の冷却フィンの奥なので、バルブのレバーが当たるのでそれまた辛い・・・
なんとかしなければ・・・・・・





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ohono1200.blog38.fc2.com/tb.php/3893-1bed9c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.