FC2ブログ

2016-09

系統連係発電所の点検

今月はなぜか多忙(雨が続いたせいもありますが)で月末まで月次点検に行きました。



息子が会社員時代に選任されていた受託先です
2016.09.30-7_convert_20160930213044
沢山リレーが有りますが、今まで動作した変わったリレーは、私が受託していた時にDSR(短絡方向継電器)が一度あります
このリレーは配電線で短絡事故があると動作します、動作の要素は電圧低下(85Vに設定)and逆電力です。
配電線が短絡すれば電圧低下と電力の流出があるので、即刻遮断するわけです(UVRとRPRと二重保護ですが)

大きな声では言えませんが、原因は特高の短絡とか、その時は半径20kmほどの受託先から電話が鳴りっぱなしになりました。
まだ絶監の無い15年程前の事です(絶監が有ったらパニック)



発電機は主に電装機器を点検します
2016.09.30-8_convert_20160930213056
機械関係は別途メンテナンス契約してる業者がありますが、念には念をいれて私たちも念入りに点検します


高圧機器は毎年念入りに清掃しているので、機械屋さんも最近は負けずにしっかり清掃しています
2016.09.30-9_convert_20160930213109

この受託先も最近最大電力が増えてます、増えた分は発電機の稼働が増えるわけです(ピークカットなので発電機のメリットは有ります)なので電力さんのデマンドは増えません
もう少し故障しないで、頑張って発電してください。




«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.