fc2ブログ

念願の柱上変台改修

本日は年次点検に合わせて、受託時からの改修希望を実施して頂きました

現在では「小規模高圧設備」、当時は「非自家(自家用電気工作物では無い高圧受電設備)」で主任技術者の選任が必要になった時に外部委託(当時不選任)された受託先です。



今年4月の画像です
2016.04.28-1_convert_20160428175551
問題点は
1.変圧器二次側から工場内ブレーカー間に保護装置(過電流と漏電)が無い
2.変圧器の電圧と全負荷電流は昇柱しないと測定できない(幹線別に工場内で測定するしかない)
3.GRの負荷電流の測定作業も面倒
4.変圧器から工場への配線がDV線で、最近老朽により表面が相当肌荒れしている



本日改修の様子です、稲穂も垂れてきました
2016.08.13-1_convert_20160813222602
変圧器からの幹線を電柱下に新設した分電盤に接続
工場への配線は全てCVTに変更し、メッセンワイヤーも更新



新設の分電盤と既設の絶監
2016.08.13-2_convert_20160813222620



漏電ブレーカーと絶監設置で、万一工場内で火災が有っても、「漏電ではありません」と断言主張できます
2016.08.13-3_convert_20160813222632
電圧計と電流計装備で助かります
GRと絶監も専用ブレーカー装備
漏れ電流も測定可能です



変圧器や接続点の過熱は、最近のサーモグラフィーでチェックできますので、危険を冒して月次点検で昇柱は不要になりました
2016.04.28-2
もちろん年次点検では絶縁測定の為に昇柱します。

これで安心して息子に管理を任せられます


«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.