FC2ブログ

2013-07

驚愕の事実

本日は、先月の年次点検で至急改修の必要が有った箇所の改修工事です。
改修費用の決済に少し日数が必要でしたので、ヒヤヒヤしていました。


ブログには記載していませんが、高圧ケーブルのG端子接地法による絶縁診断。
2013.07.17-0
これはいけません。


同時に要更新のこれも交換して頂きます。
2013.07.17-01


引き抜いたケーブル(施工後27年経過)
2013.07.17-1
端末処理はテープ巻きです。


屋外端末。
2013.07.17-3
ストレスコーン部は丁寧に施工されていますが、PDCとのジョイント部はいかにもやっつけ仕事(別の作業者の仕事?)


テープが口開いて雨が入っちゃいます。
2013.07.17-4


一番手抜きはここ、1個のPJで3本(PASリード、ケーブル端末、アレスタのリード線)接続してました(怖い)
2013.07.17-5
高圧ケーブル用22sqのPDCに、アレスタ用14sqのPDCを巻き付けて、38sqⅠ型PJで締め付け(オーマイガッド)


そんなわけで、不足したPJを息子にとりに行かせたが、飲み物持っていかれて(往復1時間強)熱中症寸前。
それにPAS周りのPDC取り回しを大幅に改修したので、時間超過、早くしないと受託先の商品アイスクリーム溶けちゃいます。
そんなわけで、私も見ている場合では無く、一人でLBSの交換やっちゃいました(50肩が堪えた)LBS変えたころ息子到着


最後に直流で耐圧試験(LBSは事前に完了)
2013.07.17-6
1分値0.4μA、5分値0.3μA、良好です。


帰宅して事務所のクーラーの下、マッサージ機に掛っていたら気分が悪くなり、すわ熱中症と体温測ったら36.2℃(笑)
年寄りが無理な作業しないで、息子の到着を待っているべきでした。




«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.