2012年 F1日本GP その2

そういえば、金曜日のフリー走行の帰り道にふと電柱をみたら、電源は下のケーブルです。
2012F1日本GP-1
そういえばここ鈴鹿サーキットは特高受電なので、これは構内配電線ですね。
商売の視点であちこち見てしまいました。

でもこの開閉器はあの某メーカー製です・・・・。


金曜日の昼食はこれ
2012F1日本GP-3
ソバよりキャベツが多いです。原価は140円です(笑い)
洗濯した後は夕方まで昼寝して、体力の確保と常日頃の疲労を回復を目指します。


一人の食事もそろそろ寂しくなりました、金曜日の夕食。
2012F1日本GP-0
ご飯は0.5合だけ炊きましたが、なんとか上手く炊けました、原価は180円位です・・・

翌、土曜日は午前中はフリー走行で、午後からの予選に照準合わせたセッティングを決めます。


今日は一日観戦するので、体力付けとかなくては・・・
2012F1日本GP-2
原価150円弱(笑)


予選日ともなると人出は増えます。
2012F1日本GP-4
向こうのQ2席が私の観戦席です。


毎年同じ眺めですが、ここはマシンの仕上がり具合がよく判ります。
2012F1日本GP-5
シケインと呼ばれるクランク状のコースを、赤白模様の縁石を姿勢を崩さずにスムースに抜けて行くマシンと、姿勢が傾いたり、とび跳ねたりするマシンでは戦闘力に大きな差があります。


午後からの予選は、日本人ドライバーの小林可夢偉がなかなか調子よくて、4位でした。
グリッド(スタート順位)は予選3位のマシンがペナルティで下がったので、小林は3位となりました。
明日の決勝がとても楽しみです。


さて、予選を終えてキャンプ場に帰ると、家内と息子が来ていました。
息子には、私の受託先からの呼び出し(異臭がするとのこと、電気では有りませんでしたが)に無事対応してくれて、始めて留守番役こなしてくれました。


今晩は家内の持参の食材を使っての豪華(笑)な夕食のハズ・・・。
2012F1日本GP-6


材料は飛騨牛の霜降り肉、(高かったらしい)
2012F1日本GP-7


でも私への割り当ては・・・・
2012F1日本GP-8
もう少し欲しいな~。原価は不明(汗)

さて翌日曜日の決勝のレポは他のサイトを参考にしてください。


私は、最後の10周あたりから、3位走行中の小林可夢偉に4位のジェンソン・バトンの猛追に痺れて、毎週目の前を通過するときのタイム差を計って、一喜一憂してました。
2012F1日本GP-9
残り5周あたりで、ヤバイ。
ラスト2周で余りにも白熱したレースとなり、ピットFM(レース実況放送)のアナウンサーがまだ残り2周あるのに、ファイナルラップ(最終周)と間違えて連呼し、本当のファイナルラップに入った時「やったー可夢偉表彰台」とやっちゃいました。
間違いに気付いたときは、バツが悪そうでした。


ファナルラップでの、観戦席通過のタイム差です(ゴールラインまで距離があるのでゴール時の正式なタイムとは差がある)。
2012F1日本GP-10

09年のワールドチャンピオンのバトンを抑え込んで、3位でゴールした時は、鈴鹿サーキットの興奮は頂点に達しました。
毎年ゴールインすると大部分の人は帰り始めるのですが、今年は殆どの観客は表彰式が終わり、インタビーが終わるまで帰りませんでした。
今年のF1日本グランプリは後々まで語り継がれるレースになりました。

3人目の日本人の表彰台を観て、家内と息子は温泉に入って、夕食をゆっくり取ってからその日のうちに帰宅しました(家内は喫茶店営業、息子は留守番役の為)


私は翌日の月曜日にキャンプ場を撤収し、朝食はレストランへバイキングです。
2012F1日本GP-11
原価は1680円(笑)。

今年も夢のようなF1観戦が終わり、明日から仕事頑張る鋭気を養えました。



最後に、毎年一緒に観戦している友人からのメールで知りました、私たちがテレビに写っていたって!!!
2012年F1日本GP Q2席
最上段の真ん中、赤い帽子が私、黒い帽子のでかちん頭が息子、その隣柄の悪そうなあんちゃん風が家内(爆)。
画像はBSフジの映像を無断で拝借しました(汗)


«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.