デマコンでの負荷制御方法

本日は月次点検と同時に、デマコンの設定値を変更しました(デマンドが下がった為)

電力会社の実績値より7%程低く設定
2012年9月10日の業務-1


間もなく月次点検表を整理してる間に、警報がでちゃいました。
2012年9月10日の業務-2
低く設定し過ぎたかな~。

社長さんとディスカッション、ここは空調は殆ど無い、生産設備の稼働調整で対応するしかありません。
なので、自動で負荷をコントロールするのは極めて困難です。

幸いラインで生産する設備以外に、かなり大きなバッチ処理の機械があります(モーター1台40kw、今回もその機械が動き始めてすぐに警報でました)
製品生産で発生するスクラップを処理する機械で、数日に一日程度動かす、そして時間経過とともに負荷が大きく変動する、さらにオペーレーターが付きっきり。
無人運転可能なら休憩時間運転で対応できますが、なかなかうまい方法が思い浮かびません。

しばらくディスカッションしましたが、とりあえず社長さんに対応を検討して頂くことで御無礼しました(休日運転とか)。


数か月前は、デマコン付けても効果は無いかもしれないが無償なら付けてください、と言われましたが、いざ設置するとデマンドの概念が理解して頂けたようで、もっと早く付けて欲しかったと言われてしまいました(汗)。

でもデマンドコントロールの重要性が判って頂けたのと、コントローラー付けて喜んで頂けたのが嬉しかったです。


«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.