2012-07

デマコンの入力配線方法の補足説明

先日の、デマコンへの電力量測定配線ですが、少し判りにくかったようですので、補足します。


私の受託先の半数、約30軒は、VCBが設置されていて、VT、CTが有ります。
そこは全てこのようになっています。
7月1日-1
OCR試験を迅速に、配線間違いの無いように、電流試験用のメタルコンセントを付けてあります。

通常は、このようなメタルコンセントプラグの六つの端子を短絡させて、CTからの電流をOCRと電流計に流してます。
7月1日-2
OCR試験の時はこのプラグを抜いてOCR試験機のプラグを取り付けて試験するわけです。

今回このプラグを改造して、電流をデマコンに流すようにしたわけです。
6月29日の業務-5
これで配線が迅速に、間違い無く実施できるわけです。
年次点検時には、デマコン用のプラグを抜いて、OCR試験用のプラグを装着すればOKです。

この調子で行けば、今年の目標25軒は楽勝のようなので、VCB付きの30軒全ての設置を目標に頑張りたいと思います。

ともかく早く受託先に設置しないと・・・先手必勝です。


«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.