2011-09

運転中の携帯は

管理技術者のみなさんは、運転中の携帯電話の応答方法はどうされていますか。
留守電か、又は「ただいま運転中です」とかの保留で対応では商売繁盛は難しいかと、とりあえずは短時間でも応答はしないと、緊急時での対応信頼性が無くなります。

勿論携帯電話を手で持って会話するのは法律違反ですから、私は以前からコード付きイヤホンマイクを使用していました。

しかし今回携帯電話を更新したら、イヤホンマイクを本体に接続するプラグ形状がまたまた変わっていました。
所有する車の全てのイヤホンマイクを更新しなくてはなりません、アダプタ使用でもコストは同じです。


そこで今回はこれを導入しました。
ハンズフリーグッズ-1
イヤホンだけで携帯電話本体とは無線通信できるBiuetooth(ブルートゥース)です(細い紐の付いたプラグはネックストラップ用です)。

これ1個を常時携帯と一緒に持って、車に乗る時耳に装備します。
電話が掛ってきたらイヤホンに付いてるボタンを押せば会話出来ます。


車に乗っていない時はイヤホンが邪魔ですから(補聴器みたいでカッコ悪い)、携帯電話を下げているネックストラップにぶら下げておきます(こうしないとよく落とすんです)。
ハンズフリーグッズ-2
左のは命の綱、検電器(照明付きで超便利)です。

皆さんも道路交通法を守って、受託先の信頼を得るためにもハンズフリー導入しましょう。

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.