FC2ブログ

2011-01

感電防止用グッズ

昨年の感電事故を受けて、協会からも感電防止に努めるようお達しがありました。
それを受けてというわけではありませんが、今年の目標にも安全管理の徹底を掲げたこともあり、感電防止に慎重過ぎるほどの対策を取ることにしました。

今週末に出迎えケーブルでの屋内オープン変台の工事があります。
止むを得ない事情で、主遮断器のLBSを開放するだけですのでLBSの一次側は充電されたままです。
工事はLBSから4m以上離れた箇所なので、私が監視していれば電気工事屋さんが感電する可能性は低いです。
しかし私も人の子、うっかりして「この機会に受電ケーブルのメガ測定をやろうか」などと予定外の作業するとも限りません。

うっかり間違えて充電部に接近しないようこんなグッズを作ってみました、勿論全停電をすれば問題ないのですがね。


週末の工事用に専用ラベルを作成しました。
感電防止対策-1
10分も有れば印刷→ラミネート処理は出来ます。


要らなくなった写真用三脚とモノポールにラベルと伸縮式高圧検電器を固定しました。
感電防止対策-2

検電器の長さを現地で調整して充電部の手前に据えておけば痴〇症でも無い限り接近することは無いでしょう。
ここまで対策しても「ひやっ」とする行為をしたら廃業しなくては。

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.