EVの燃費って

最近相次いでEVが発売されました。
それで燃費はいかほどかちよっと調査しました。

バッテリーの電気容量(kwh)と満充電での走行可能距離をスペック表で調べると、
三菱iMiEVはバッテリー容量16kwhに対して160kmの走行距離。
日産リーフは24kwhに対して200kmの走行距離でした。

次にバッテリー容量ゼロから満充電に要する電気代を計算しました、めんどうなので、三菱iMiEVだけでやります。

一般家庭の従量電灯の場合は1kwh当り22.5円(中部電力)なので、充電効率を仮に100%とすれば(あり得ないですが)
16kwh × 22.5円/kwh = 360円
判り易くする為に360円をガソリンにおきかえると
360円 ÷ 135円/リットル = 2.7リットル です。

なので燃費km/リットルは 160km ÷ 2.7リットル = 59km/リットルとなります。(但し充電等の効率100%)

このEVの車両価格は398万円、日産リーフでも376万円なので、トヨタのHVプリウス35km/リットルや、ホンダフィットHVの30km/リットルに比較すると、とても投資金額を回収できるほどではありません。
私の営業車は軽四、公称燃費14.0km/リットル、車両価格157万円
年間走行距離20000kmとすると、燃料費の差額は年間147,000円です、10年使っても147万円ですから、車両の価格差241万円は回収不可能です。(税金等の諸費用差は含まず)

しかし電気料金にはいろんなメニューがあるので、Eライフプラン(夜間蓄熱機器が必要)で深夜23時から翌朝7時までの料金9.33円/kwhが適用出来ればかなり変わります、この料金プランでEVの充電が可能かは懇意にさせて頂いてる電力会社の営業の方に聞いてみます。

そこで同じ計算をやってみます。
16kwh × 9.33円/kwh = 149円
判り易くする為に149円をガソリンにおきかえると
149円 ÷ 135円/リットル = 1.1リットル です。

なので燃費km/リットルは 160km ÷ 1.1リットル = 145km/リットルとなります。(但し充電等の効率100%)

すると年間燃料費を同様に計算すると、年間174,000円の差となり、10年間では174万円。
う~ん、まだまだ魅力は無いですね、それに1年後には今の営業車をHVにする予定なので、ますますメリット無くなります。

ホンダフィットHV(車両価格159万円)の30km/リットルと比較すると、年間の燃料費差は71,000円なので10年で71万円です。
それからトヨタプリウスのほうが燃費良いですが、保安管理の点検車には向かないですね。

EVが200万円程度になったら考えるかな~。



«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.