FC2ブログ

2010-11

漏電警告

今朝は8時に携帯に漏電警告メールが届いた。

早々に駆けつけてキュービクルの該当回路探索を始める。
ブレーカーの容量がすべて300A以上あり、二次側の幹線も150sq以上が並行して引き出されているため、毎回零相電流の測定に苦労します。
漏電警告-1

クランプアダプタを3個用意して、各線をクランプし、二次側をクランプメーターで一括クランプすれば、特大口径のクランプメーターが無くても容易に測定できます。
でも線間が狭いのでクランプするのに苦労します、表示は1/10になるので実際の漏電電流は6Aです。


該当回路が判明したので、現場の分電盤の調査に向かう。
漏電警告-2

しかし漏電点はその分電盤からさらに先の分電盤であった。


結局該当機器が判ったのは調査開始後40分後。
漏電警告-3

100Wの蛍光灯器具の安定器が過熱で焼けていた。
大至急交換の手配を依頼して一件落着。

ここの蛍光灯が漏電するのはこれで4回目、器具も製造後20年近いので、来年度省エネを兼ねて全て交換して頂くことになりました。

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.