fc2ブログ

週末の土日の年次検査と竣工検査

協会の総会終わった週末の土日は仕事
土曜日は高圧ケーブルの更新、設置後ちょうど20年経過。

60sq-3C 90m、同じく15mの2本、それにLBSと高圧SC、DSも更新。
朝9時SOGと電力さんのAS開放立会後は16時の耐圧試験までは特にすること無いので今回はこの車で行きました。
高圧ケーブル更新工事3

最近オーバーワークだし、日曜日もハードな仕事なので、疲れた体を休めるには最適です

電気室内の端末処理中。
高圧ケーブル更新工事1

構内柱上の端末シースはちゃんと絶縁テープ巻き、きっちりと仕事してくれます。
高圧ケーブル更新工事2

予定通り16時に耐圧試験し、17時半電力さんによって接続作業完了、18時受電完了し帰宅。


そして本日、日曜日は雨雨
しかし、本日の2軒の年次点検は、昨年末に先輩から移管された需要設備、早く年次点検しないと安心できなくて、強行しました。

構内柱の方向性SOGの特性はバッチリOK

OCRは今回9Aの発電機を2台パラ運転しました。
雨中の年次点検1

OCRの瞬時要素40Aもなんなく動作OKでした。
雨中の年次点検2
これなら、ほとんどの施設はこの発電機2台でできます。

高圧低圧の絶縁抵抗も完璧でした。キュービクルの内部清掃は湿気を入れるのを嫌って、さっと吹き飛ばすだけにしました。

さて午後は問題の屋外オープンの変台で、心配で年末からプレツシャーで腹痛くなったようです。

GRは問題無し、OCRも一応良好、しかし高圧絶縁抵抗は。
1000ボルトメガで、VCB一次側60MΩ、二次側40MΩ
VCBは凄く汚れてましたが、トラッキングはなさそうです。
雨中の年次点検6

高圧ケーブルの端末もこの通り。
雨中の年次点検5

とどめを刺したのは、受電ケーブルのG端子接地法による絶縁診断。

最初は30Gオームとまあまあ良好、しかし1分後は8GΩ
雨中の年次点検3

さらに2分後は7GΩ
雨中の年次点検4

最終は6GΩ、成極指数計算すると 6÷30=0.2 0.5以下は不良です。
幸い先日キュービクルを屋内に設置して頂く話を前向きに進めて頂いていたので、早急に実施して頂くようお願いしてきました。

なおG端子接地法はここを参照

成極指数はここを参照

特にG端子接地法による絶縁診断は計器の内部抵抗によっては計測できない場合があるので注意が必要です。
今回私の計器ではシースの絶縁抵抗が4MΩ以上必要なところ、実測7MΩで会ったので計測出来ました。

これで気がかりな施設の年次点検はすべて完了しました、オープン変台はすべてキュービクルに更新の話がまとまり一安心です、これで緊急入院も無くなるかも。

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.