fc2ブログ

一番プレッシャーの掛る年次点検

昨日の日曜日は、公立病院の年次点検、一年で一番プレッシャーの掛る日です。
非常用発電機はガスタービンの高圧なので、点検用に低圧の発電機が有りますが、年次点検の掛り始めと終了時の切り替え操作が全て手操作なので、大変気を使います。
万一操作間違えたら、停電となり人命に関わります。ここの年次点検を実施する度に髪の毛が少なくなります

応援の仲間はわれわれ協会の精鋭揃いで、ここの設備にも慣れてきましたので複数で確認しながら進めていけるので、その点では心強くなりました。

最初はVR1台、OCR3台、DGR2台の試験です、二人で25分で完了。
市立病院年次OCR試験

次に清掃、昨年相当念入りに実施したので今年は不要なほど綺麗。
高圧機器、低圧回路の絶縁抵抗測定の後は、高圧ケーブルの絶縁診断。

しかし饋電ケーブル(CVT38sq-130m)で今まで経験したこと無い数値がでました。
市立病院年次絶縁診断

ガード接地法で5GΩ(5000MΩ)とは、気になります。最近の他の施設でのデータはほとんど1000GΩですから。
実は昨年の6月に地下埋設受電用ケーブル(CVT60sq-180m)が相当強い落雷が連続した日にパンクしました。
その前年には隣接する他の公共施設の地下埋設ケーブルが同じく悪天候時にパンクしたそうです。
電力会社の配電保守長のコメントでは、当該地区は強落雷の頻発する地区で、落雷の地電流によると推定される接地過電圧が通常最大値の1.6倍もの値が一日に10回発生することも珍しくないとか。

今回のケーブルも過去相当な過電圧(耐圧試験と同等)にさらされてきたと推定されます。
今後も同様な過電圧にさらされると思われるので、年次点検終了後に口頭で報告したところ、早急に取り換えて頂けることになり、一安心しています。

超緊張状態で約3時間弱の年次点検を終え、応援の皆で食べた昼食は美味しかったです

帰宅して、機材を降ろしてラックに整理し、汚れ物を洗濯。

手袋は手洗い。
市立病院年次洗濯1

作業着と下着を洗濯機に掛けて、自分も洗濯(シャワーね)。
市立病院年次洗濯2

最後に掃除用のウエスを洗濯して一日の作業終了しました
市立病院年次洗濯3

今晩の飯は美味しいぞ~

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.