fc2ブログ

本日の年次点検

昨日に引き続き、18年前に設置されて、3年前まで私が外部委託で管理していた、今は選任の施設です。

朝8時55分受電キュービクルの饋電VCBを全て開放、58分PASS開放。
GWの年次点検1

PASSと受電キュービクルのDGR4台、OCR4台を試験。
試験は、接続間違いの無いよう(継電器を壊さない)、正確に、迅速を主眼に実施。
約20分で全て完了。
GWの年次点検2

受電キュービクル清掃後に高圧回路の絶縁測定、一括測定で当然2000MΩ以上。
3個所のサブキュービクルを饋電ケーブル及び変圧器含む全高圧機器一括で絶縁測定、これも3個所全て2000MΩ以上。

次に4本の高圧ケーブルのガード接地法での絶縁診断実施。

受電用ケーブル CVT100sq-130m(MOF含む) 1TΩ
GWの年次点検3受電ケーブル

饋電ケーブル1 100sq-110m(ケーブル単体) 同じく1TΩ
GWの年次点検4饋電ケーブル3

饋電ケーブル2 60sq-100m(サブキュービクル全高圧機器含む) 同じく1TΩ
GWの年次点検5饋電ケーブル1

饋電ケーブル3 38sq-40m(ケーブル単体)同じく1TΩ
GWの年次点検6饋電ケーブル2

高圧機器の清掃状況とポイントです。

VCB シリコンの薄い被膜でピカピカになっています、塵埃や湿気による結露水滴も付着せず、数年間はピカピカの状態を維持します。
GWの年次点検7VCB清掃後

CT、DSの絶縁部(LBSやPTも同様)の清掃後もピカピカです。
GWの年次点検8CT、DS清掃後

毎年夕方まで掛って念入りに清掃するおかげで、この付近の湿気の多い劣悪な土壌環境でも、設置後18年経過した今も理想的な絶縁状態を維持できています。

管理を怠れば、先日のどこかが管理してた施設のようにひどい状態になってしまいます(最初に絶縁測定した時は10MΩでした)。

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.