2009-11

本日の点検

今日はある公立の病院の月次点検にお邪魔しました。
じっくり点検すると丸一日必要なのですが、そんなに集中力が続かないので半日に分けて一か月に二回行っています。

本日は非常用発電機の試験と受電室の点検。
発電機は高圧350kvaのガスタービン。
手動での試験が一通り終わったら、とても大事なこと、起動切替スイッチを手動から自働に戻すことです。
これを忘れると大変なことになります、私は点検記録に「自動起動に戻した」という確認欄を設けてチェックいれます。
そしてなお、試験後のスイッチの写真を携帯で撮影して証拠として数か月保存しています。
試験した時刻は集中モニター装置に記録され(絶対さぼれませんよ)携帯の撮影時刻も記録されますから、証拠能力は高いですね。
非常用発電機起動スイッチ

勿論一年に一回の自動起動試験(PASの開放)も欠かしません。


次に電気室の点検で、いつもIoの多い三相動力用変圧器のIgrを測定しました。
IGR1124病院測定中


変圧器三相300kva 本日の負荷100kva Io 92.4mAでしたが Igr 18.1mA でした。
Ioが多くてもIgrは結構少ないものです。
IGR1124病院


そして、病院の点検の終わった正午前に、日曜日に年次点検した会社へ、年次点検結果報告書を提出に行ったついでに、そこの変圧器のIgrを測定しました。
私が以前選任をしていた、ここは全回路漏電遮断器付きなので、その設備条件で隔月点検です、もちろん絶監も設置済みです。

変圧器容量三相600kva(単相200kva 3台⊿決線) 本日の負荷250kva Io 122.2mA Igr 22.0mA
でした。
昭和40年設置の施設であり、酸性の液体を大量に使用する為、Ioは多いです。
IGR1124K社

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.