2018-05

非常用発電機運転試験

本日の月次点検は養護施設です、
火災消化用非常用発電機があるので、毎回運転試験をします



スプリンクラー専用でエレベーター等には接続されていません
2018.05.17-1
なのでキュービクルのブレーカーを開放して自動起動させても問題無いので毎回自動起動試験となります



キュービクルの有る電気室が屋内密閉なので、うるさいです
2018.05.17-2



4分運転したらブレーカー投入すると2分後に停止します
2018.05.17-3
ブレーカー投入して停止すればOKなので写真は撮っていません(停止が待機状態に戻ったことなので)

やはり屋内に設置してあると全く新品同様でありがたいです


予想が外れて暑い中の年次点検

毎年7月にやっているある受託先の年次点検

キュービクルが屋根上の鉄板の上に有るので、最近は暑さでめまいがしたり、昨年は熱中症になりかかったので、今年は5月に前倒しでやったのですが・・・



見込みは大外れで、30℃に近い・・
2018.05.16-1
熱中症ほどではないですが、若くないので今年も辛かった・・
来年は4月末にお願いすることにしました




修理の前に新規購入

先日電流計の誤差が大きくて修理に出す予定でしたが、新品の値段を問い合わせたらそんなに負担にならないようだったので注文しました



本日届きました、新品はいいですね、蓋の取り外しが簡単になりました
2018.05.11-7
明日の年次点検に間に合います


OCr試験端子取り付けはきついが楽しい

本日の月次点検で、昨日制作した試験端子を既設品と交換しました



サブ変が3つあります
2018.05.10-2



既設の端子台でもOCR試験作業は早いのですが、ショート部を戻し忘れる心配もあります
2018.05.10-3
時々「戻し忘れるなんてありえない、気が緩んでいるからだ」と言われる先輩がいましたが、人間のすることですし、なにより某自動車メーカーの生産方式を叩き込まれた私は、「誰が作業しても間違いの無い方法にしなさい」という考えが好きなので

ただし、この考えにも落とし穴はあります、均一な品質が保てても職人仕事の高性能で高品質製品ができ難いということです
最近高性能なエンジンを組み立てるには、高度な職人が必要だと気付いたようですが・・・・・
それでもポカ避けは必要です



一旦ショートバーを取り付けてリード線を外して交換します
2018.05.10-4
4台交換すると、作業位置が低いので足腰が辛いです・・・



外したリード線を再利用して本日も夕方から4セット出来ました
2018.05.10-5

あと26台必要です、掛かる費用は計算しないことにしました・・・・(汗)



早くもKTT-AW3-B届いたので制作しました

本日の午前中に昨日ネットで発注したKTT-AW3-Bが届きました



某通販並みに速い、たしかに15個あります
2018.05.09-1
明日の月次点検は夏休みに年次点検をする予定の受託先なので、交換しておこうと、夕方から制作始めました



BOXのパネルカットは先日実施しておいたので、本日は配線です
2018.05.09-2
少しやり難いけど、配線を長くするとBOXから芯線がはみ出てみっとも無いし・・・



ネオジウム磁石の取り付けは少し手抜きですが、セルフタッピングスクリュー使用します
2018.05.09-3



BOXの肉が厚いのでインパクトドライバーでしっかり締まりました
2018.05.09-4



4セット作るのに30分程度掛かりました
2018.05.09-5
これを明日取り付けて、取り外した既設のアダプターの配線を流用してまた作成です。

今月はOCRの有る受託先が4軒ありますが、間にあうでしょう。


«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.