FC2ブログ

2019-12

やはりこのメーカーのVCBは

最近動作不良の多いこのメーカーのVCB



本日も投入動作ができませんでした
2019.12.15-5
屋外キュービクルですから、仕方ないか



パネル外して、メーカー指定のオイルが無かったのでフッ素オイル吹いときました
2019.12.15-6
問題なく軽く動作しました



実戦投入、10000V高圧メガ

今年の年次点検も残り3軒となった本日は2軒実施でした



そのうち1軒は数年前に選任主任技術者が退職されたのを、外部委託で受託したのですが・・・
2019.12.15-1
CVT高圧ケーブルの端末付近から、何か垂れていました
なんなのか不明でとても気になっていましたが、5000V高圧メガーでは1TΩだったのでそのまま使い続けてましたが・・
他の方に聞くと「交換したほうが良いのでは」とのこと
しかしここは小規模でデマンドが15kWなので、改修に多額の費用が掛かると低圧化もありうる・・・(昔は生産工場で200kWだったので工場復活の可能性も有るが)
それに今は殆ど無人の倉庫なので、設置後30年まで残り5年なので、5年後に更新しようということにしてあります(PASは更新してあります)



受託後に吹き仕上げしてからは、最近何もなさそうです
2019.12.15-2



ケーブルシールドとアース間はとても良好です
2019.12.15-3



最初勘違いしてE方式で計測しちゃいましたが、10000V印加でも良好でした
2019.12.15-4_LI

成極比、弱点比、キック等も問題無しでした
なにしろ経験の無いことなので、最悪ケーブルが地絡した場合の対応も考えておきました。

日曜の本番にそなえて



毎週連続で年次点検続きなので、本日と明日土曜日は休業日



日曜に気になる高圧ケーブルの精密点検をするために買ったような、高電圧絶縁抵抗計を試し測定です
2019.12.13-1
電流電圧をアナログ記録紙に出力する為のコードを自作して試験
予算の関係から10年前に買った記録計を使いましたが、試験電圧を変えての記録もスムースで読みやすいのでこれでいきます



こまかいこと言いますが、マニュアルがアルミケースの中に入りません・・・
2019.12.13-2
縮小コピーするか・・・

高圧絶縁抵抗計届きました

本日届きました



この一台で成極比、弱点比、キック現象のチェックのために
2019.12.12-4



校正しながら使用してみました
2019.12.12-5
とくに問題なく取り扱いはマスター



コードの結束バンドも装備されていて使いやすそうでした
2019.12.12-6

日曜日の年次点検で降ろします
明日は充電電流記録のためのコードを作成しなくては



雪の降る前に月次点検を・・

年末に近づくと雪が心配なので、今のうちに峠を越えていきました



山の中で標高も高いので寒いです
2019.12.12-1
前回指摘事項の確認に行きました



この地方ではこのやり方がまだ一般的なのでしょうか・・
2019.12.12-2
ブレーカーの後方は一部オープンです、全面はフルオープンなのです(機械の過熱対策)
このままではブレーカーが湿気と塵埃でトラッキングが心配、それに漏電遮断器に交換もお願いしたのですが・・・

次回書面でお願いしないといけないようです

«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.