FC2ブログ

2018-08

明日はPAS(GAB型)2台更新

私の受託先では有りませんが、GAB型PASの交換があるので、耐圧試験実施とリレーの試験をするため電材屋さんから受取ってきました



電材屋さんにも工事屋さんにもお手伝いできるのでうれしい
2018.08.16-7

管理技術者が安く実施して受託先の負担を少なくできるよう、まとめて2台工事屋さんにお願いしたわけです




変圧器交換に立ち会いました

先日150%過負荷で過熱警報が毎日届いていた変圧器の交換が有りました



とりあえずこんなに小さな冷却ファンでも結構効果がありました
2018.08.16-2



20kVAを30kVAに交換しましたが、前より小型になりました
2018.08.16-1



外した変圧器の絶縁油は先月の年次点検時と比較して色の変化はありませんでした、しかし油が焼けた強烈な臭いがしました
2018.08.16-4



念のため絶縁抵抗を計ったらこんなにありました (1000Vで)
2018.08.16-5
年次点検では800だったのに、リード線がPCに接続されていたからなのか?



さらに10000Vでは9000MΩあります・・・・・
2018.08.16-6
まだ使えるのでは?と思いましたが、選任主任技術者様の意向通りPCB分析後処分することにしました。




午後から変圧器のタップ替え

電力さんの配電線ルート変更で受電電圧が300ボルト低下して、精密機械の動作が不安定になり受託先から電圧を調整してほしいと依頼が有りました



該当の屋上のキュービクルだけ停電させます
2018.08.15-3
ここまでやります、VCBのハンドル外し



現状6600ですが6450に替えます
2018.08.15-4
6450は3-5の端子なので、ナットを2個共外すので気を使います

単相300kVAが3台なので、変圧器も大きくてタップ台が見にくいので疲れます、おまけ作業中に土砂降りになり、扉を閉めたのでもし暑いのなんのって・・・・(汗)



断続的にかなりの雨ただけど年次点検

本日は朝から雨模様
私と息子班は時々止む頃合いをみて屋外設備の点検です



点検試験項目一番の重要施設、PASとDGRの連動試験は小雨のなか終わりました
2018.08.15-1



屋外の受電設備はこの受電饋電キュービクルだけです、ここも小雨の時実施できました
2018.08.15-2
零相電流に零相電圧そしてGR動作接点はすべてプラグ接続なので、4台の試験は15分で完了しました
この小型のDGR試験機はリレーが動作すると出力が切れて動作値はホールドしているので、キュービクルの扉をほとんど閉めた状態でも試験が素早くできます(リレーはO社製なのでリセットも不要です)

OCR試験も実施したかったのですが、雨がひどくなってしまい、扉も開けた状態でないと試験できないし、2年前に新品に更新したばかりなので今年は断念しました。
サブ変はすべて屋内なので、そちらはしっかり念入りに点検清掃できました。

受託した当時は6人で5時間ほどかかって点検していましたが、最近は同じ人数でも3時間半で終わるようになりました(手抜きはしません)

おかげで午後も別の点検ができるようになり、助かっています。



平日は6300Vなのに休日は・・

全国的に夏休み中、年次点検で電圧確認したら・・・



平日の稼働日の月次点検では6250V程度なのに
2018.08.13-6
本日は6800もあります



以前あまりに受電電圧が低いので変圧器のタップを6300にしましたが、6450に戻す必要があるようです
2018.08.13-7
ここまで電圧が高いと、復電した時の変圧器から過励磁音がとても気になります(メーカーのコメントは10%の過励磁は問題無いとか)
この受託先は山奥で、配電変電所から40kMも長い配電線なので、電圧調整器で安定した電圧に維持するのが無使いのかも


«  | ホーム |  »

〒509-9132 岐阜県中津川市茄子川 654-16

Copyright©2009 Ohono electric security Management Office.All rights reserved.